白髪の原因を解明 ?! その1

 

近い将来、女性が白髪染めから開放される日が来る!?近い将来、女性が白髪染めから開放される日が来る!?

年齢を重ねるとともに、目立ちはじめる白髪。“見た目年齢”に関わるため、女性は白髪にとても敏感です。老化現象のひとつである白髪ですが、その原因は謎が多く、根本的に治療する方法はまだ確立していません。 しかし2009年、白髪の仕組みについて解明した、と、研究機関が成果を発表。白髪予防・白髪治療への道すじが見えてきました。今回は白髪に関する新しい情報について、紹介いたします。

白髪の原因は「色素幹細胞」の枯渇

2009年6月、東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループが、白髪になる仕組みを解明した、とアメリカの国際科学誌Cell(セル)に、2009年6月12日付で掲載発表しました。発表によると、マウスによる実験で、黒髪の色素(メラニン色素)を作る「色素幹細胞」が DNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで、すべて「分化(=それぞれの細胞が役割に見合う機能を身につけていくこと)」することがわかりました。その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になるそうです。 この白髪になる仕組みは、今回、初めて解明されました。

色素幹細胞がなくなると毛髪の色素もなくなる

幹細胞は、すべての細胞のもとになる細胞で、自分自身を無限に複製できる能力(自己複製)と、特殊な機能を持つ細胞へと分化する能力(多分化)を持っています。毛嚢(もうのう)にある色素幹細胞は、自己複製できるだけでなく、メラニン色素をつくる色素細胞(メラニン細胞)へと分化することもできます。

上:黒髪が継続するしくみ 下:白髪になるしくみ上:黒髪が持続するしくみ 下:白髪になるしくみ

毛髪の成長期には、色素細胞はメラニンを生成し続けます。色素細胞は複製されるため、黒髪は持続します。 白髪は、色素幹細胞が紫外線などの影響でDNAが損傷を受けることが原因で発生します。DNAの損傷を修復できないと判断すると自己複製機能が失われ、すべて色素細胞に分化してしまいます。色素細胞は、毛髪の成長期にはメラニンを生成し続けます。しかし、色素幹細胞が複製できないため、その数は減少します。つまり色素細胞の数が減少してしまうことになります。次に続く色素細胞がなくなっていくことで、白髪が増えるというわけです。

加齢とともに複製・分化の量的バランスが崩れてしまう?

幹細胞の枯渇と合わせて、ヒトの早老症原因遺伝子(ATM遺伝子)が、幹細胞の働きを監視する機能を持ち、幹細胞の質を維持することで、幹細胞が分化して枯渇してしまわないように働いていることも明らかになりました。つまり、加齢とともにこの監視機能が失われることで、複製・分化の量的バランスが崩れてしまう、ということ。この監視機能の働きを維持する方法が見つかれば、黒髪を保てることにつながります。 上記のような白髪の原因が解明されたことで、今後は新しい白髪の治療法の確立につながることはもちろん、アンチエイジングや再生医療への応用が期待されます。

分け目が赤い!これって頭皮トラブル?

頭皮が赤くなる「紅斑」とは?

頭皮が赤くなる紅斑。分け目や額をチェックして、早期に発見しましょう頭皮が赤くなる紅斑。分け目や額をチェックして、早期に発見しましょう

頭皮の異常は、髪の毛がジャマして見つかりにくいもの。分け目が赤くなっている女性は、頭皮に紅斑(こうはん)が発生しているかもしれません。皮膚の異常である紅斑が起きる原因と、その対処法について紹介します。

紅斑が長期化すると頭皮トラブルに!

紅斑とは、皮膚に近い部分の血管が拡張し、皮膚が赤くなったり、赤い斑点が出たりする状態のこと。頭皮に発生する紅斑はパーマ液による一時刺激性接触皮膚炎、ヘアカラーによるアレルギー性接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、日焼けなど紫外線による影響が原因として挙げられます。
軽度の紅斑は、かゆみなどの症状はなく、気づかないうちに消えてしまいます。紅斑は、それ自体は悪いものではありません。しかし、長期間にわたって続くと強いかゆみや痛み、ただれ、化膿といった症状を引き起こす原因となることがあります。
特に毛穴はそのような刺激に弱いため、毛包までに到達すると毛包炎を引き起こし、脱毛に至ることも。なるべく早く、頭皮に紅斑が出ていることに気づくことが大切です。

紅斑を早期発見するために

頭皮に発生した紅斑のようす(画像提供:皮膚臨床薬理研究所)頭皮に発生した紅斑のようす(画像提供:皮膚臨床薬理研究所)

顔面の紅斑であれば鏡を見ればすぐに気づきますが、頭皮の紅斑は髪の毛がジャマして気づきにくいのが問題。かゆみなどの症状が出るころには、悪化していることがほとんどです。もう一つ、頭皮の異常に気づきにくい原因は、皮膚の厚みにもあります。顔が約2mmなのに対し、頭皮の厚さは約4mm。厚みがある頭皮は、顔よりも鈍感といわれています。
頭皮の紅斑を早期に発見するには、意識して、分け目や生え際、額などをよくチェックするとよいでしょう。すでにかゆみ、痛みなどの症状が出ている場合は、皮膚科にかかることをおすすめします。

 

紅斑の予防法

前述の通り、紅斑は、それ自体は悪いものではありませんが、長期間にわたって続くと、さまざまな悪影響を及ぼします。紅斑の長期化を防ぐ方法を紹介します。

正しくシャンプーをする

シャンプーが頭皮に残らないよう、よくすすぐことシャンプーが頭皮に残らないよう、よくすすぐこと

紅斑の長期化を予防するには、頭皮を清潔に保つことが大切です。シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮を重点的に洗うようにしましょう。すすぎ残したシャンプーが紅斑の原因になることがあるので、時間をかけてよくすすぎましょう。

頭皮の乾燥を防ぐ

紅斑が出ている頭皮が乾燥すると、細菌などが皮膚の内部に侵入し、炎症が起きやすくなります。乾燥させないためには潤いを与えることが重要。頭皮が乾燥しないよう、シャンプー後に化粧水や乳液などをつけましょう。粘度が高いクリームは、毛穴がつまる原因になるのでNGです。

適度にブラッシングする

ブラッシングは、頭皮を刺激して血行を良くします。また、皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせ、頭皮の余分な角質を落とす効果もあります。適度なブラッシングは、紅斑を予防する効果が期待できます。頭皮にやさしいクッションブラシを使って、やさしくブラッシングしましょう。頭皮に強くブラシをあててブラッシングすると、症状が悪化するのでご注意を。

ヘアケア製品を過剰に使用しない

ヘアケア製品によるアレルギーが、紅斑の原因になることも。新商品を試す際は慎重にヘアケア製品によるアレルギーが、紅斑の原因になることも。新商品を試す際は慎重に

紅斑の原因の一つとして、シャンプーやコンディショナー、トリートメント、ヘアスプレーなどのヘアケア製品によるアレルギーが挙げられます。
いくつもの製品を同時に使っていると、原因の特定が困難になります。過剰に使用したり、頻繁に変えたりするのは、控えたほうがよいでしょう。頭皮に異常が出たときは、すべてのヘアケア製品の使用をやめ、皮膚科にかかることをおすすめします。

頭皮の日焼けを防ぐ

5月~9月ごろまでは、紫外線から頭皮を守る工夫を5~9月ごろまでは、紫外線から頭皮を守る工夫を

頭皮の日焼けは、紅斑につながるだけでなく、紫外線で毛母細胞がダメージを受けると、抜け毛・薄毛の原因に。帽子をかぶる、日傘を使う、紫外線防止効果のあるリンス等を使用するなど、紫外線から頭皮を守りましょう。5~9月ごろまでは、曇りの日でも紫外線量が強いので、油断は禁物です。

症状を自己判断しない

紅斑は痛み、かゆみが出るまで自分では気づきにくいので、その前に発見することが大切です。「髪の専門家」を利用して、定期的に頭皮のチェックをしてもらうことをおすすめします。
できれば、頭皮のターンオーバーの周期である月に1回がベストですが、季節の変わり目(3ヵ月に1回)でもよいでしょう。アレルギー症状が出やすい春、汗をかいて頭皮が不潔になりやすい夏、夏のダメージを回復させる秋、頭皮の血流が悪くなる冬に訪れると効果的です。定期的にチェックすることが、頭皮の健康を維持することにつながります。

長期化を防ぎたい紅斑。顔だけでなく、頭皮についても関心を持ち、5年後、10年後も美しい髪を生み出す健康な頭皮をめざしましょう。

 

 

乾燥は大敵!うるおい頭皮は女性の美髪を生む ②

乾燥頭皮にならないための対処法

前ページで、乾燥頭皮の原因は、「洗い過ぎ」「アレルギー」「加齢」によって引き起こされることをお話しました。それらを見直してみましょう。
■洗い過ぎ

頭皮の洗い過ぎは禁物。シャンプーは1日1回頭皮の洗い過ぎは禁物。シャンプーは1日1回

1日に何度もシャンプーすることで、頭皮が必要とする皮脂が取り除かれてしまいます。皮脂膜のバリア機能が失われ、頭皮内部の水分が蒸発することに。皮脂が失われた頭皮が元の状態に戻るまで、24時間かかります。シャンプーは1日1回にとどめましょう。

■アレルギー

階段を利用するなど、適度な運動は身体の免疫力を高めます階段を利用するなど、適度な運動は身体の免疫力を高めます

頭皮に合わないシャンプーの使用や皮膚についている真菌・細菌のほか、食べ物、ダニ・ハウスダスト、ストレスなどが原因でアレルギーを引き起こし、頭皮のバリア機能が失われてしまいます。
低刺激のアミノ酸シャンプーや、真菌の繁殖をおさえるシャンプーなど、頭皮状態にマッチしたシャンプーを選ぶようにしましょう。また、食生活・生活習慣を見直し、アレルギーを引き起こす原因を取り除きましょう。

■加齢

頭皮に化粧水や乳液をつけてもOK!頭皮に化粧水や乳液をつけてもOK!

時の流れを止めることはできませんが、頭皮の老化をゆるやかにすることは可能です。そのためには、頭皮を健康な状態に保つよう、お手入れしてあげましょう。
まずは、頭皮が乾燥しないよう、シャンプー後に化粧水や乳液などをつけることをおすすめします。「え? 頭皮に化粧水や乳液をつける!?」と驚かれるかもしれませんが、顔と同じ皮膚なので問題ありません。
指先で頭皮に伸ばすように、やさしくつけましょう。毛穴につまりやすいクリームはNGです。細胞間脂質と同じラメラストラクチャー(液晶構造)で、保湿成分が配合されている化粧品を選ぶと、さらに効果的です。
次に、頭皮の血流をよくする顔ヨガや頭皮マッサージ、ブラッシングもおすすめです。ブラッシングは頭皮を傷つけないよう、やさしくしてください。少しの時間で結構ですので、毎日続けることが大切。血流がよくなることで、細胞に栄養が行き渡り、老廃物を運び去ってくれます。頭皮のアンチエイジングにつながります。

乾燥は大敵!うるおい頭皮は女性の美髪を生む ①

冬は湿度が20%を切る日があり、お肌の乾燥が気になる季節です。肌と頭皮は1枚皮膚。つまり、肌の乾燥が気になる方は、頭皮も乾燥している可能性があります。乾燥頭皮に大切なのは、潤いを与えること。今回は乾燥に負けない、「うるおい頭皮」になれる方法を伝授いたします。

乾燥肌とはどんな状態?

健康な肌(皮膚)の内部には、30%の水分が含まれています。肌表面の角質細胞が並ぶ角質層はたった0.02mmという薄さですが、15~20%水分を保持することができ、外部からの刺激を保護してくれます。角質層に20%の水分があると「潤いのあるしっとりと美しい肌」、10%以下になると「乾燥したガサガサの荒れた肌」ということになります。

皮膚のようす。左:乾燥している状態 右:潤いがある状態皮膚のようす。左:乾燥している状態 右:潤いがある状態

水分を保持するために重要なのが、角質層にある細胞間脂質と、適度な皮脂で角質層の表面を覆う皮脂膜です。細胞間脂質の43%はセラミドという成分で、肌の内部にある水分を保つ役割を担っています。角質層の表面は皮脂膜で覆われていて、肌内部の水分が外へ流出しないようになっています。

健康な肌は、美しいラメラストラクチャー

細胞間脂質は、水分と油分がサンドイッチのように交互に層になっています。これを、ラメラストラクチャー(液晶構造)といいます。角質層が整っていれば、細胞と細胞の間にある細胞間脂質が水分と油分を包み込み、潤いを保持できる、というわけです。
潤いのある肌は、ラメラストラクチャーの細胞間脂質と肌の表面が皮脂膜(=油分)でカバーされているため、体内の水分が蒸発することなく、外部からの刺激(化学物質や細菌など)が肌の内部に侵入するのを防いでいます。
逆に乾燥した肌は、角質がはがれていて皮脂膜が作れないため、肌内部の水分が蒸発します。細胞間脂質も減少し、バリア機能が失われて、外部刺激に耐えられない状態になります。
頭皮は毛髪に守られているため、外気にさらされる肌よりは表面の水分は保持されやすいのですが、肌と頭皮は1枚皮膚でつながっていますから、頭皮の内部は同じような状態。肌が乾燥していれば、頭皮も乾燥しているといえるでしょう。

乾燥頭皮の原因とトラブル

乾燥頭皮になる原因は、水分と油分が失われること。「洗い過ぎ」「アレルギー」「加齢」によって引き起こされます。
乾燥頭皮になると、細菌などが皮膚の内部に侵入し、かゆみや炎症が起きやすくなります。角質が細かいフケとなってはがれおち、かゆみ・炎症がひどくなってしまいます。頭皮が不健康になると、ヘアサイクルも乱れ、やがては脱毛につながります。脱毛の原因は、毛根の炎症が大きく関与しています。

静電気から髪と頭皮を守るには?

静電気から髪と頭皮を守るには?

静電気を防ぐには、「髪と頭皮のケアを怠らない」「加湿する、マイナスイオンを発生させる」「バランスのよい食事を心がける」ことをおすすめします。

髪と頭皮のケアを怠らない

トリートメントや椿油を毛先につけて、髪の表面を守りましょうトリートメントや椿油を毛先につけて、髪の表面を守りましょう

前述の通り、髪が健康な状態では、髪の内部に12~13%の水分が保持されています。髪を健康な状態に保つには、トリートメントやコンディショナーを正しく使って髪の表面をケアすること、シャンプーしすぎないこと、アミノ酸系シャンプーを使って皮脂を取りすぎないこと、健康な髪を生み出す頭皮をケアすることが大切です。
昔ながらの椿油で髪をケアするのもおすすめです。椿油は酸化しにくいオレイン酸が85%含まれており、髪の毛の表面を油分で包み、髪の内部の水分を保持してくれます。適量を毛先につけて、髪の表面を保護してあげましょう。
ブラシを静電気が発生しにくい素材に変えるのもよいでしょう。プラスチックやポリエステル製は帯電しやすく、静電気が発生しやすいのでNG。おすすめなのは、木のブラシやクシです。先が丸く、頭皮を傷めないものを選びましょう。静電気が発生しにくいブラシも売られているので、探してみてはいかがでしょう。
ブラッシングする際は、まず毛先をとかしてから、ゆっくりと全体をとかすようにすると、髪へのダメージが低減されます。
また、衣類にも静電気が発生しにくい素材と発生しやすい素材があります。アクリル、ポリエステルは静電気が発生しやすいので、冬は避けたほうがよいでしょう。綿や麻、絹などの天然素材がおすすめです。

加湿する、マイナスイオンを発生させる

湿度が35%以下になると、静電気が発生しやすくなります。加湿器などを使い、50~60%ぐらいに保つのがよいようです。身体や衣類、髪にたまった静電気が、水分によって空気中に自然放電されます。
マイナスイオンを発生させるのもおすすめです。マイナスイオンとは、マイナスに帯電した物質のこと。マイナスイオンは、身体や髪の毛のためによい効果をもたらすといわれていますが、最近は「効果がない」ともいう見解もあります。ブラッシングした際、ブラシはプラスに帯電しやすく、マイナスイオンを与えることで静電気が自然放電されるため、効果はあると思います。

バランスのよい食事を心がける

加湿しながらバランス良い食材が摂れる、鍋物がおすすめ加湿しながらバランス良い食材が摂れる、鍋物がおすすめ

身体が帯電すると、カルシウムやビタミンCなどが流出し、免疫力が低下して疲れやすく、肌荒れや肩こりなどの不調の原因になるといわれています。
静電気を放出しやすいのは、弱アルカリ性の体質といわれ、身体を弱アルカリ性に保つためには、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルを多く含んだ食品を摂取することが大切です。
弱アルカリ性の身体に保つ食品は、大豆、昆布などの海藻類、ナッツ類、梅干し、らっきょ、ネギ、ニンニク、チーズ、漬物などが挙げられます。これらを意識して摂りつつ、バランスのよい食生活を心がけましょう。
この冬は、髪と頭皮に悪影響を及ぼす「静電気」を抑える工夫をしてはいかがでしょう。

ネット依存と、女性の薄毛

「寝る前スマホ」が薄毛の原因に?

「寝る前スマホ」が抜け毛・薄毛の原因に!?「寝る前スマホ」が抜け毛・薄毛の原因に!?

スマートフォンの普及で、インターネット依存症(以下、ネット依存症)予備軍が急増しています。

近年、薄毛に悩む若い女性が増えているのには、ネット依存症も何らかの影響を与えていると考えられます。
「歩きスマホ」や「寝る前スマホ」、あなたもしているのでは? ネット依存症が身体に与える悪影響は、次のようなものが挙げられます。

■心の病気 インターネットは自分の興味があることだけにアクセスできるため、興味がないこと、嫌なことには触れなくてもすみます。

そのため、ネット依存症の人は思考能力が低下する、情緒が不安定になる、他人とのコミュニケーションがうまくとれない、いろいろなことが面倒に感じる、感情をうまく表現できない、わがままにふるまうなどの傾向があるとされています。
また、「すぐに返信しなければ」「返信がない」など、ネット上のコミュニケ―ションでストレスが増大し、うつ病などの深刻な心の病気へとつながっていくことも多いようです。
■身体の不調 オンラインゲームや交流サイト、メッセンジャーアプリなどにのめり込み、パソコンやスマートフォンの画面を見続けることで、頭痛や肩こりなどの症状がひどくなってしまいます。

また、睡眠不足、運動不足などにもつながります。食事をとる時間も惜しんでインターネットに夢中になると、栄養失調になる恐れも。ネット依存症が進行すると、記憶力の低下や健忘症など若年性認知症の症状も現れるのだとか。
厚生労働省の発表では、全国でネット依存が疑われる人の推計値は、中高生51万人、成人271万人。スマートフォンの普及で増加傾向にあるといわれています。

ネット依存症と抜け毛・薄毛の関係

ネット依存症による睡眠不足が抜け毛・薄毛の引き金にネット依存症による睡眠不足が抜け毛・薄毛の引き金に

ストレスなどの心の病気、肩こり、睡眠不足、運動不足、栄養失調───ネット依存症による悪影響は、抜け毛・薄毛の原因とも重なっています。つまり、ネット依存症と薄毛は、同時に起こる可能性が高いといえます。
ストレスは若年性脱毛症を引き起こし、肩こりや運動不足による血行不良や栄養不足が原因で髪がやせ細り、リセットタイム(22:00~翌2:00)に睡眠をとっていないと毛母細胞が生まれ変わらず、健康な髪が生まれなくなってしまいます。

髪のハリコシ

髪のハリコシを取り戻すには!

 

髪のコシ・ハリを取り戻すには、内側と外側からアプローチすることが大切です。

 

外側からのアプローチ

 

■シャンプー剤が残っていると、髪がやせる原因になってしまうことがあります。しっかり洗い流しましょう。

 

■コンディショナー・トリートメントで毛表皮に皮膜をつくり、乾燥を防ぎましょう。
■ドライヤーは髪から20cm以上離し、乾燥し過ぎないように。
■ブラッシングはていねいに。キューティクルを傷めるので、濡れた髪はブラッシングしないこと。ブラシ選びも大切です。
■パーマ、カラーは同じ日にしないこと。サロンに相談して、なるべく髪にやさしいものを使ってもらいましょう。

■紫外線や風を当てないように気を付けましょう。
■髪をひっつめたり、逆毛を立てたり、髪や毛穴に負担のかかるヘアスタイルはしないように。

 

内側からのアプローチ

■バランスのよい食生活 栄養の偏りは、毛母細胞の栄養不足や新陳代謝の悪化につながります。バランスのよい食生活を心がけましょう。髪はケラチン(イオウ分を含んだタンパク質)でできています。髪と同じ成分を摂取すると効果的。次のようなものを積極的に摂取しましょう。

魚介類……アジ、サバ、イワシ、サンマ

肉類……鶏ささみ、豚ヒレ肉

良質なタンパク質……大豆、枝豆、チーズ、タマゴ

海藻類……コンブ、ワカメ、モズクなど

銅を多く含む食物……ゴマ、ナッツ類、干しエビ、きな粉など
■リズムの整った生活を送る 22:00~翌2:00は細胞が修復される時間。もちろん、毛母細胞も修復されるので、その間に睡眠をとるように、早寝早起きを心がけましょう。また、毎日適度な運動を行いましょう。全身の血流がよくなると、毛母細胞に栄養が行き届き、健康な髪が生まれます。
■ストレスをためない 毛母細胞は敏感で、ストレスを受けると円形脱毛症を引き起こすなど、すぐに表面化してしまいます。なるべくストレスをためないようにしましょう。1日30分ほどで結構ですので、「自分のためだけの時間」を持ってリラックスすると、ストレス解消につながります。リラックスタイムには、顔ヨガやヘッドマッサージがおすすめです。